休診日
2017年 12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2018年 1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ピンクは休診日
診察のご予約
美容外科の手術一覧へ
育毛発毛剤の基礎知識 CHIO(チョイ)式植毛法による症例

酒井形成外科における最新育毛発毛治療

フェーズ1

プロペシア(フィナステリッド)の投与

もっとも有効で期待度が高い薬剤です。型の5α-リダクターゼを選択的に 阻害することにより男性の前頭部、頭頂部のDHT(デハイドロオキシテストステロン(活性型男性ホルモン))の活性を低下させます。AGA治療に対し、現在最も注目される医薬品です。このお薬は病院でしか処方できません。

  1. 投与法
    プロペシア(1mg)1錠を1日1回内服

  2. 治療効果
    プロペシア(1mg)1錠/1日、1年以上にわたり投与を続ける

    改善群:58%
    維持群:40%

    プロペシア1mgを内服し始めると投与3カ月くらいで効果が出始めます。逆にいうと3ヶ月間は効果がでにくいのでがんばって内服し続けることが大切です。内服開始から6〜12カ月で効果はピークに達します。内服を中止しすると3〜6カ月でふたたび脱毛が進行してきます。つまり、効果が切れるわけです。
    しかし、プロペシアを内服し続けても右肩上がりで常に毛量が増加するわけではなく、12カ月を境に「維持」状態に移行します。すなわち、プロペシアを内服し始め、12カ月で最高治療状態に達し、それを維持するために一生(または、もうハゲてもいい!と思うまで)プロペシアを内服し続けなければならないのです。

  3. プロペシアの副作用
    プロペシアの投与では、重篤な副作用の報告がありません。軽微なのものとして以下の症状が2〜3%程度の割合でおこるとされています。

    1. 性欲の減退
    2. 勃起機能不全
    3. 射精障害
    4. 精液量減少
    5. 胃腸障害

    追跡調査でこれらの副作用は、プロペシアの投与を中止することなく症状は消失しています。
    合成内服薬にもかかわらずプロペシアが非常に安全で副作用が少ないことはその構造にステロイド骨格を有するため、抗原認識されにくいことが考えられています。
美容外科 評判コラム

AGA治療薬としてのプロペシアの誕生

1960年代男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大症とデハイドロオキシテストステロン(DHT)の関係が示唆され、テストステロンからDHTへ変換させる5α-リダクターゼの阻害剤が研究されていました。そして、1983年米メルク製薬からフィナステリッドが合成されたのです。
5α-リダクターゼ阻害剤が前立腺肥大症に対し有効性な薬物であることから フィナステリッド5mg(proscar)が1992年FDA(米食品医薬品協会)に認可されました。これがAGAに効果があるとされ、フィナステリッド1mg製剤(プロペシア)が1997年AGA治療薬として初めてFDA認可されたのです。日本ではプロペシアは2005年から厚生労働省に保険適応外薬として認可されています。


3%ミノキシジールローションの投与

ミノキシジールは血管拡張作用による降圧剤(高血圧治療薬剤)として開発された薬ですが、その後顕著な発毛促進が発見されました。ミノキシジールは外用発毛剤としてFDAに認可された唯一の薬物です。
日本では、オーファンドラッグのミノキシジールローションとしては安全性を第一に考えられているため1%溶剤(リアップ)しか市販されていません。
この濃度では患者が満足する著明な改善効果は得られにくいのが現状です。
そこで、医師が管理する医療機関ではミノキシジールローションとして2%以上の濃度で処方する場合が多いのです。
アメリカでは、5%ミノキシジールローション(ロゲイン)が販売されています。
しかし、循環器系への副作用を考慮すれば2〜3%濃度が妥当といわれています。
プロペシアとの相性は大変良く、局所注射療法も試みられています。


美容外科 評判コラム

3%ミノキシジールローションの薬理作用

ベニガオ猿には面白い事に雄に男性型脱毛症が存在します。この男性型雄猿にミノキシジールを塗布すると休止期毛包が素早く成長期毛包へ移行し、毛母細胞の増殖により毛は太く成長速度が促進します。
各種細胞を用いた実験では、ミノキシジールは毛母細胞に作用し成長因子を産生促進させているようです。当初ミノキシジールの有効性は血行促進作用だけかと考えられていたのですが、実は他に大きな主作用が発見されたのです。
ミノキシジールは単に毛根への血行増進だけでなく、毛母細胞を含む毛根各種細胞の増加や正常化を促す作用があるのです。


次のページは [CHIO(チョイ)式医療植毛の症例]をご紹介します
育毛発毛剤の基礎知識 CHIO(チョイ)式植毛法による症例

Pointカードで更にお得に!!

酒井形成外科トピックス

ポイントとは…
酒井形成外科では、レーザー脱毛フォトRFピーリングでポイントサービスをはじめました。ポイントを使うとさらにお得になります。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

美容皮膚科サイトには、酒井形成外科トピックスを掲載しております。
評判の美容皮膚科の治療法などをご紹介しております。是非ご覧ください。

形成会 酒井形成外科 美容外科 美容皮膚科
東京都豊島区北大塚2-3-1 TEL 03-3576-7788